大阪市東淀川区菅原にある歯医者「江並歯科」/ 無痛治療 / 予防歯科 / セラミックス治療

大阪市東淀川区菅原にある歯医者「江並歯科」/ 無痛治療 / 予防歯科 / セラミックス治療

ご予約・お問い合わせ tel:06-6322-9336 平日・土曜 9:30-13:30 / 15:30-19:30 日曜 9:30-13:30 休診日:水曜日、日曜日午後、祝日

虫歯について

【C0.C1の症状・治療】

C0.C1の症状・治療

この時期は初期虫歯と言われ、穴こそあいてはいませんが、表面がざらざらし白く濁っていたり、茶色く色づいている状態になります。

[当医院での治療法]

このまま脱灰(歯が溶けること)が進めば歯に穴があき、治療が必要になりますが今の段階では主に経過観察、
予防治療を行います。研摩材に含まれているフッ素を歯に取り込ませることによって歯を強化します。
ここで大事なのはしっかり定期的に歯医者でフッ素を歯に取り込ませ虫歯を進行させない事です。

【C1.C2の症状・治療】

C1.C2の症状・治療

この時期は大小ありますが、もうすでに穴があいてしまっていて、歯の中で虫歯が進行している状態になります。この時期は虫歯事態が神経と距離があるためまだ症状がありません。症状がある場合は痛みより、しみるのが主な症状です。よく歯医者で痛くないのに虫歯があると言われた方はこの時期になります。症状がなくとも虫歯は進行します。症状が出る前に虫歯を取り治療をする必要があります

[当医院での治療法]

虫歯を取り除きます
虫歯を取り除きます

この時当医院では、レーザーにて虫歯を除去できます
レーザーで虫歯をとると、歯を削るときの振動がないため
不快感を軽減できます。
歯医者での削る振動、音が苦手な方は是非一度お試しください。

Erwin AdvErL Evo
虫歯を取り除きます

左:主には白い詰め物で治します。
右:しかし、虫歯が大きい場合は保険だと銀歯になってしまいます。
当医院ではこの時詰める白い詰め物はただのプラスチックと違い、歯磨き粉などに含まれるフッ素を取り込み歯に与えることで、プラスチックの下で虫歯ができにくくなります。

【C2.C3の症状・治療】

C2.C3の症状・治療

この時期は虫歯が神経に感染しています。無症状しみる痛むといった多様な症状が出ます。神経に細菌は感染していますが、神経に炎症が起きなければ痛みを感じないこともあります。しかし、一度神経に細菌が感染をしてしまうと、神経を取る必要があります。神経を取ると、歯に栄養を送る血管も一緒にとるので歯に栄養が送られず、歯は欠けやすく歯の寿命は半分になると言われています。神経を取った歯は長持ちしない事が多いのです。症状が出る前に検診を受け、早期治療早期発見に努めてください。

[当医院での治療法]

本来この段階まで虫歯が進行してると、神経を取らなければなりません。
しかし神経を取ると、歯に栄養を送っている血管まで取るので、
歯の寿命は半分以下になると言われています。
そこで当医院ではDog’s Best Cementを使用しています。
虫歯をすべて取りきると神経までいってしまいます。 そんな時に神経を
取らないように、半永久的に殺菌効果があるセメントを用いて神経を
守ります。アメリカなどでは20年にわたり既に主流な治療法です。
しかし症状の強い歯にはできませんまた保険適用はできません

C2.C3の症状・治療
保険の従来の治療法では、虫歯を取り除き感染した神経を取り除いていきます。
左:約1~2回消毒をして  右:中の状態が良ければ、最終的な根のお薬をいれます。
→その後は下記の歯を作る治療へ移行

【C4の症状・治療】

C2.C3の症状・治療

この時期は細菌が根の先まで行ってしまい、骨の中に膿を持っている状態になります。
症状はない
事がほとんどです。根の中の細菌は、削って除去することが出来ないため、細菌を消毒し無菌化する必要があります。無菌化をはかるには何度か薬を交換する必要があるので回数と期間がかかります。1本の治療だけで10回弱かかります。もしくは、歯を抜かなくてはならない状況かもしれません。

[当医院での治療法]

虫歯を取り除き、感染した神経を取り除いていきます。
左:約3~5回消毒をして(神経取る治療の約倍かかります)  
右:中の状態が良ければ、最終的な根のお薬をいれます。
→その後は下記の歯を作る治療へ移行

[根の消毒の後の歯を作る治療]

C4の症状・治療
神経がない歯は歯が弱くなるので被せ物にします。
左:歯の中に土台となる軸をいれます。 右:その軸をいれた上に歯の型をとり、被せていきます。

被せ物は部位にもよりますが、当医院では6種類用意しております。 ご相談のさせていただき、患者さんに見合う一本をご提供させていただきます。 詳細はメタルフリー治療にてご紹介させていただきます。

【虫歯についてのまとめ】

一般的に虫歯は痛む、しみるというイメージがあります。しかし実際は痛むといった症状がなく進む病気です。症状が出てからでは遅いのです。症状が出る前に検診を受け、早期発見、早期治療に努めてください。

出典:(株)コムネット

トップに戻る